お金・人間関係の悩みを解決するヒントがここにある

2007年11月27日

まぢで備忘録な話し 【弔電編】

 弔電を急遽、頼まれた。
 インターネットで検索して、半日かかって調べた結果。。。
 
 一番安いのは、
  D-MAIL(東日本NTT)
名古屋が入っているせいか・・・西日本NTTは、少し高い。

 
 23文字の
 ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申しあげます。
 
 この文と無料の台紙で660円。
 
 19時までに申し込むと、当日配達可能になる。

 義理の場合・・・

 これで決定だと思う。

 もし、文字数を多くしたいのなら、企業の方が安上がりです。
web電115.co.jp
ハート電報
e-po
VeryCard
exmail
おくやみネットcom
For-Denpo


Googleで検索した結果、これだけの企業が出てきた。
  台紙が、オリジナルな所が多い。
  
  文章は、大抵が申し込み時に選べるようになっていると思う。
  私が利用したのは、web電115.co.jp のみ。
  ここは、郵便局のレタックス台紙(種類少だが企業としては安価)で、例文集があった。
  自分で、創作した文を書くことも可能。(登録会員のみ可能)
   サーチ(調べる)創作文の限界文字数は→1行22文字・14行
  無料登録するとポイントが付く。

  各受付にタイムリミットがあるので、要注意。
 
  文例は、検索すると沢山出てくるので、参考にすると良い。 

  ちなみに、弔電について調べてみると、文例集や作法ばかりで、
 電報サイトのリンク集は無かった(Google) 

  さあ・・・お気に入り(ブックマーク)に入れるんだ!!
↓ ↓ ↓

  http://pw777.seesaa.net/article/69667412.html でそ!!

ひらめき弔電は訃報なので、急に連絡が入ってきて焦らせてくれる。
      要注意だ〜あせあせ(飛び散る汗)
posted by seers at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。